足が臭い人にオススメ!アニセ薬用石鹸!

足が臭い人にオススメできるアニセ薬用石鹸ってしっていますか?実際に1日中、吐いている靴も足の臭いを気にすることなく、人前で脱げるようになりたいと感じている人も多いと思います。今回は、アニセ薬用石鹸を紹介していきますので参考にしてみてくださいね。

足のニオイを対策する秘訣としては、雑菌が繁殖しにくい環境を作る事が何よりも大切になってきます。足の裏には、エクリン腺という汗腺が密集していて、1日にコップ一杯以上の汗をかくと言われています。

しかし、足汗は99%が水分なので、ほとんど臭いを発する事がありません。足の臭いにおいの原因としては、雑菌を出す老廃物よる腐敗臭なのです。この雑菌が繁殖する事により、腐敗臭が増加するので、足が臭くなってしまいます。

実際に、足のニオイが職場で噂になっていないか不安を抱えていたり、居酒屋のお座敷や友達の家で靴を脱ぐのが嫌と感じたり、足の臭いが原因となり学校でいじめられていないか不安だったり、消臭スプレーを使っているところを誰かに見られていないかひやひやするなどという問題を抱えている人も多いようです。

足のニオイの原因物質を強力洗浄する必要があり、そこでアニセ薬用石鹸がお勧めできます。3つの足のニオイを対策することが可能となっています。そのためには、靴、靴下、足の3つのケアが重要となります。

雑菌が繁殖しにくい環境にするためには、靴、靴下、足のどれか1点、2点のが繁殖しやす環境になっている場合には意味がありません。靴のケアについては、湿気を取り除くことが何より重要になってきます。

スニーカーなどの洗える靴は、丸洗いして雑菌や汚れを落として、風通しの良い場所で天日干しするようにしましょう。革靴など洗えない靴は、なるべく連続して履くのを避けるようにして、1日履いた靴は2日以上風通しの良い場所で陰干しするようにしましょう。

また、オフィスではサンダルなどを履くようにして、なるべく履きっぱなしの状態を避けて、購入時から消臭機能があるインソールを入れると効果的となっています。

靴下のケアですが、除菌する事が大切になってきます。通常の洗濯で臭いが取れない場合には、重曹を入れた水に一晩つけ、手洗いしてすすいだ後に除菌力の強い洗剤で選択するようにしましょう。

洗濯後は、アイロンをあてて熱により除菌する事がお勧めできます。なるべく化学繊維を使用していない天然繊維で作られている吸湿性の良い靴下を選ぶようにしましょう。

足のケアですが、古い角質や古い皮脂など汚れを洗い流す事も重要になってきます。足を洗う際には、シャワーより足湯等でしっかり湿らせることにより、汚れが浮き上がって汚れが落としやすくなります。石けんをよく泡立てて、手で優しく足の間や爪のワキなどを重点的に洗うようにして、石鹸かすが残らないようにしっかり洗い流すようにしましょう。

アニセ薬用石鹸の使い方ですが、足に水分を吸収させます。湯船に浸かるか、洗面器にお湯をはって、足をつけて足に水分を吸わせます。足をしっかり湿らせることにより、汚れが浮き上がって落としやすくなります。

爪が伸びている場合には、きちんと爪の手入れを行うようにしましょう。隙間に汚れが溜まったりする事により、雑菌が繁殖しやすくなってしまいます。

石鹸を泡立てます。泡を立てる際には、ネットを使う事によりしっかり泡を立てることが出来ます。キメの細かい泡が古い角質や皮脂を吸着してくれます。たっぷりの泡で足を優しく洗っていきます。

足指の間を重点的に優しく洗います。爪の両脇も手の指を使って念入りに洗っていきます。手で包むように足全体もしっかり洗っていきます。泡や石けんカスが残らないようにしっかりすすいでいきます。

その後は、清潔なタオルを使って、指と指の間までしいかりと水分をふき取っていきます。

実際に足が臭いと感じても臭いよと言えない自分もいますが、何より周りに迷惑をかけないためにも自分なりにケアしていく事が何より大切だと思います。

私も娘がいて中学生になり運動などをするので、足、靴下、靴が臭いと感じて本人にはきちんと伝えていますが、靴下などは重曹を活用していますが、靴も重曹につけこんで洗っています。

足は、アニセ薬用石鹸を使うようになり、臭いが全くなくなりました。最初は様々な方法を調べていましたが、何よりたくさんの方法を試して、今では臭いもなくなって、守ってあげることが出来て、臭いのない生活を送ることが出来るようになり良かったと感じています。

実際に、本当に石鹸で効果を期待する事が出来るのと感じている人も多いと思いますが、石鹸だけでなく、何より、足のケアは石鹸で行うようにして、靴や靴下などについてもしかり対策する事により全く足の臭さはありません。

一時は、帰宅後すぐに足をお風呂で洗いなさいと言っていましたが、今ではそんなこともなく、自分でも満足できているようです。